郡山駅中店舗開始!

20170107141141189.jpg
JR エスパルさんのご好意で、
本日1/7~1/15の9日間、郡山駅1階「おみやげ館」内で
販売できることになりました。
会津柳津のあわまんじゅう、梁川五十沢のあんぽ柿、浪江生まれの「かぼちゃまんじゅう」
人気です!

NPO法人がんばろう福島、農業者等の会
農業生産法人 二本松農園
スポンサーサイト

郡山駅内で、ふくしま食祭2017開催!【告知】

01(あわまんじゅう)

JR エスパルさんのご好意で、次のとおり開催します。
みなさんぜひお立ち寄りください。

開催日時:2017年1月7日(土)~15日(日)の9日間 毎日8:00~20:00
開催場所:JR郡山駅1階「おみやげ館入口」
主催:ふくしま食祭2017
(NPO法人がんばろう福島、農業者等の会   二本松農園)
販売品:
柳津の「あわまんじゅう」(小池屋)
浪江町に伝わる「かぼちゃまんじゅう」(石井農園)
梁川町五十沢の「あんぽ柿」
「ゆべし」(只見町)
他多数

NPO法人がんばろう福島、農業者等の会
☎090-4315-6547(代表 齊藤)


人気の「八巻君のいちご(とちおとめ)」ネットショップにup!

続きを読む

ネットで梁川町五十沢の「あんぽ柿」販売開始!

anpo1.jpg

福島県伊達市梁川町五十沢(いさざわ)地区は、
昔から「あんぽ柿」の本場として知られていました。
しかし、原発事故の影響により、出荷の自粛が続いていましたが、
今年度から、ようやく本格的に出荷が再開されました。
和菓子の甘さは、実は、あんぽ柿の甘さが標準とされていると言われているくらい
「あんぽ柿」は日本人の味覚のふるさとです。
梁川町五十沢地区は、あんぽ柿の元である「蜂屋柿(はちやがき)」
がたくさん栽培されていることはもちろん、
気候も干し柿に向いていることから、
おいしくて良質の「あんぽ柿」の産地として有名なのです。
ぜひ、この機会に本場のあんぽ柿を味わってみてください。
なお、伊達市から出荷される「あんぽ柿」については、
すべて放射能測定を行い、安全性が確認されています。
★2017年1月5日、五十沢小学校の児童が、安倍総理の昭恵夫人に
このような「あんぽ柿」の復興に関わる想いを伝えるとともに、
五十沢地区のあんぽ柿をプレゼントしています。

次のネットショップでお買い求めいただけます・
http://www.nihonmatsu-farm.com/

NPO法人がんばろう福島、農業者等の会
農業生産法人 二本松農園

首都圏大学生23名様ご来園~スタディファーム~

gakusei.jpg

11月21日、今日も東京から大学生23名様、スタディファームにご来園!
福島県の農業の現状視察、放射能測定体験、新米のパッケージ体験をしていただきました。
今回は、21日の朝新宿から二本松農園まで学生さんのバスに同乗させていただき、
たくさんお話しをすることもできました。
今回の経験を、東京に帰ったら仲間の学生さんに広めてくださいね。
★参加された学生さんは、ツアーの様子を、SNSで発信しています。→ハッシュタグ→  #福島学生ツアー

二本松農園 齊藤登



  


プロフィール

Author:NPOがんばろう福島農業者等の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR