FC2ブログ

雑誌「うかたま」に特集いただきました。

農文協の雑誌「うかたま」に特集いただきました。
震災後の二本松農園・齊藤登の活動について、思いも含めて
良くまとめていただいたと思っています。
二本松農園 齊藤登

uka2.jpg

uka.jpg

スポンサーサイト



福島県産米コシヒカリ 食味すべて最高「特A」ランク

日本穀物検定協会は、このほど「おいしいコメ」を判定する
平成28年産米の食味ランキングを発表しましたが、
福島県産米は、会津・中通り・浜通りいずれの地域から
とれたコシヒカリとも、食味は、最高ランクの「特A」でした!
改めて、福島県のコメがおいしいことが証明されました。
ぜひ、全国のみなさん、おいしい福島の米を食べてください。
次のネットショップでお買い求めいただけます。

里山ガーデンファーム
http://www.nihonmatsu-farm.com/

NPO法人がんばろう福島、農業者等の会

kome.jpg




J-GAP取得! 二本松農園

-GAP ジェイギャップ と言います。
工場にはISOがありますが、その農業版と言えます。
安全・環境・衛生面で、徹底した改善を行い、認証機関から認証を受けます。
二本松農園では、このほどJ-GAP「穀物」について認証を取得しました。
認証取得にあたっては、たとえば、次のような内容についてクリアする必要があります。
①トレーサビリティ:水田→消費者の過程・流れを明確にすること。たとえば、お客様からお米のクレームがあった場合、
その米はどこの水田で採れ、その水田には、どのくらいの農薬や肥料を使ったか、いつ稲刈り・乾燥・もみすり・精米を行ったかを
システム的にさかのぼれるようにしなければなりません。
②出荷までの過程では、徹底して異物混入を防がなければなりません。
③もちろん、作業所や事務所は安全・衛生的であることが必要です。
④作業員は健康的であることが必要です。
⑤地球環境にも優しいように、エネルギー(燃料・電気など)もできる限り効率的に使用することが必要で、
毎年の当該農園からのCO2放出量を計算し、その推移を把握しておく必要があります。
これらは、例で、全部でチャック項目は200にも及びます。
二本松農園には古い施設もあることから、その修繕や掃除は大変でしたが、スタッフが協力して1ケ月間
作業を行い認証にこぎつけました。
今回いただいたお墨付きを大切にして、お送りする農産物の安全安心をさらに進めるとともに、「おいしさ」にも
さらに努力してまいる考えですので、今後ともご利用の程のお願いします。

ネットショップ「里山ガーデンファーム」で検索ください。

2017年2月 農業生産法人㈱二本松農園 代表取締役 齊藤登

(認証書)
gap.jpg

【新米】早くも「稲刈り」を行いました。台風に耐えた五百川~二本松農園~

gohyaku.jpg

9月6日、早場米「五百川」の稲刈りを行いました。
五百川は、コシヒカリの変異で、早い場合は8月下旬に稲刈りを行うことができますが、
今年は台風の影響で9月にずれ込みました。
稲刈りした感じでは、台風の影響を受けず、かなりの豊作ぎみです。
五百川は、早場米ながら、味は親のコシヒカリを上回るぐらいオイシイです。

9月7日、放射能全袋検査後、ネットでの販売を開始します。
http://www.nihonmatsu-farm.com/
ぜひ、ことしいちばんの「新米」の味をお楽しみください。

二本松農園 代表 齊藤登


農園から見える風景

久しぶりのブログです。
5月中は、6ヘクタールの田植えに1ケ月かかりました。
60アールの露地きゅうりの植え付けも半分以上終わり、
最初に植えたものからそろそろ出荷できそうです。
雨も定期的にほどよく降り、作物の成長は順調です!
露地きゅうりは、出荷が始まりしだし、
次のネットショップにあげますので、ご利用ください。
http://www.nihonmatsu-farm.com/
suzu1.jpg
田植えが終わりぐんぐん伸びる稲
kyuuri2.jpg
露地きゅうりも元気、まもなく出荷開始です。
2016年6月24日 二本松農園 齊藤登



プロフィール

NPOがんばろう福島農業者等の会

Author:NPOがんばろう福島農業者等の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR