FC2ブログ

特別なバジル

201307181739104b5_20130719064923.jpg

二本松農園の(ハーブ)バジルが大きくなりました。
このバジルには、実は特別な思いがあります。
二本松農園は福島第一原発から50km。高いところでは3000ベクレル程度のセシウム土壌汚染があります。それでも、大部分の野菜には移行しないのですが、やはり、放射能がないに越した事はありません。そこで・・・約1年かけて自分で重機をつかって、セシウムがまったく入っていない山の土をかぶせました。その高さなんと5メートル。そうしましたら、そこの畑、セシウムが135ベクレルに減りました。(135は、もともと自然放射能だとか)この畑を二本松農園では「大畑」と呼んでいるのですが、放射能が土に含まれていないということは、私達の外部被ばくもない、作物に放射能が出るはずがない、・・・震災前の農園がそこにはありました。二十日大根、キャベツ・・と植えていき、今回は、ハーブ「バジル」が成長したのです。ハーブは、雑草に近く、質量も少ないため、検出段階で放射能が出やすいと言われていますが、どうしてどうして、今回、大畑で採れたバジルは、放射能は検出されず・・でした!
このハーブを栽培したのは、当農園スタッフのS女史。彼女は、風評被害に苦しむ福島県農業を何とか応援したいということで、昨年、東京の会社を辞めて、当農園の販売担当スタッフになってくれたのです。丹精込めて栽培した最初の作物がこのバジルということになります。
ブログで、彼女がそのバジルの様子を紹介してくれました。
http://nihonmatufarm.blog65.fc2.com/blog-entry-486.htmlまた、
二本松農園のネットショップでは、このバジルをお買求めできます。
http://www.nihonmatsu-farm.com/レストランなどの業務用にもおすすめです。

バジル茶を飲みながら、こんな福島県農業の様子を思っていただければうれしい限りです。

(福島県 二本松農園代表 齊藤登)
スポンサーサイト

有機による除染

有機による除染

近いうちに、NPOがんばろう福島、農業者等の会主催でシンポジウムを開催します。
今、福島県では、水田や畑に「塩化カリ」を入れて、除染を行っていますが、はたしてそれは農地に対してどのような影響を与えるのでしょうか?また、そもそも、有機的な方法でセシウム自体を農地から除去する方法はないのでしょうか?
そのような内容を予定しています。
シンポの開催予定等については、追って、このブログでお知らせします。

NPO法人がんばろう福島、農業者等の会

波江の人の心を癒すハスの花

NEC_0452-2.jpg
二本松農園のハスの花が咲き始めました。近くには浪江の方々の仮設住宅があり、毎日、この周辺が散歩のコースとなっています・浪江の方いわく「なんか、この花を見ていると心が落ち着くよ。」
どうぞ、こころゆくまでご覧ください。
なお、このハス池は、昨年、都路の青木さんという方が、何回も都路から二本松農園に足を運び、つくってくださったものです。青木さんは、都路の自然の中で暮らしたいと、東京から移り住んできたのですが、放射能の影響で、それが実現できなくなり、二本松農園でその夢の一部を実現・・という事でした。
青木さんありがとうございます。こんなに立派にハスが咲きました。

二本松農園代表 齊藤登

早くも稲に穂がつきました!早場米「五百川」

NEC_0449-2.jpg

7月17日、早くも穂が出ているのを発見。あと1カ月ぐらいで稲刈りができます。
(二本松農園)

福岡市で福島の野菜を販売してきました(新聞記事)

fk2.png

7月5日(金)~6日(土)福岡市をNPO法人がんばろう福島、農業者等の会代表として訪問させていただき、いつも福島県農産物の販売をいただいている、福岡市のボランティア団体「夢サークル」の吉水恵介さんをはじめ、福岡県庁、福岡市役所に表敬訪問、記者会見、福島県の様子を伝えるシンポジウム、そして6日には、福岡市の天神中央公園での販売イベントに参加してきました。
夢サークルのみなさんには、今年の2月以降、継続して福島県農産物を販売いただいていましたが、その方々に3日間一緒に行動させていただき、いかに、福島県のために一生懸命販売活動をしていただいているのか、良く分かりました。6日は、午前中大変な雨でしたが、それでもテントで販売を開始、1人2人と市民からお買い求め、雨があがってからは、かなりの人数にお買い求めいただき、夕方までに、お送りしたサクランボ30パックをはじめとする、きゅうり、新たまねぎ、ラディッシュなどの野菜類も完売となりました。九州には福島県の様子が伝わりにくく、関心も薄い・・・と言われていましたが、私の感触としては、たくさんのお客様から「ぜひ、がんばって農業を続けてください。」と声をかけていただき、とても温かい気持ちで帰ってくることができました。
福島から1400km離れた地でも、ちゃんと福島の事を思ってくださる方がたくさんおられました事を、福島県の皆様にもお伝えしたいです。また、5日の夜は、震災直後、南相馬市から福岡市に避難された方とも交流することができました。孤独な生活をしている中で、夢サークルの皆様が交流してくださっていること、福岡市が避難してきた時、市営住宅の迅速な提供等をしてくださった事。しかし、福島に帰るかどうか、今だ迷っていること、など
複雑な心境を語ってくださいました。
遠い、福岡の地ですが、人の心はつながっていきます。できる限り、今後も福岡を訪問していきたいと思っています。(NPO法人がんばろう福島、農業者等の会 代表 齊藤登)

これから九州に行ってきます!

これから九州の福岡に向かって車で出発します。
福岡の「夢サークル」の吉水さんは、
「震災直後、福島県産農産物を福岡で販売しようとしたら、一部市民の反対があり中止となった。
本当に申し訳なかったと思っている。今は、今後長く福島とつながり、被災地を理解していくことが大切である、と思っている。」旨おっしゃっていただき、現在、福島県農産物を継続して販売していただいております。
その吉水さんにお会いし、御礼を言いたいのと、どうしても、遠く離れた福岡では、被災地福島県の様子は伝わっていない部分も多いと思われること、逆に、福島の現状を知りたいと思っている福岡県民も多いと思われるので、
直接、私が赴き、福島県農業の現状をお話ししたいと思ったのです。
福岡までは、1200kmあります。これから二本松市を出発し、途中、一緒に行っていただく郡山の方の用事で、
愛媛大学に寄り、福岡市に入るのは明日の夕方になるかと思います。
着いてからは、5日に福岡県庁、福岡市役所表敬訪問、記者会見、16:00~シンポジウム「題:福島の現状を知ってください。」6日には、天神中央公園で「福幸祭」と称して、福島県産農産物の販売などをさせていただく予定です。お近くの方、よろしければ、おいでください。

NPO法人がんばろう福島、農業者等の会
二本松農園 代表 齊藤登

プロフィール

NPOがんばろう福島農業者等の会

Author:NPOがんばろう福島農業者等の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR