FC2ブログ

福島県の農民自身による「有機による除染」にご協力をお願いします。【有機除染募金】

福島県の農地除染の方法については、現在、国の方針に基づき「ゼオライト」「や「塩化カリ」を農地に投入する方法がとられています。ゼオライトは鉱物資源の見た目が白い粉状のもので、物質をその中に吸収し、それをゆっくり吐き出す性質を持っています。たとえば、開墾した農地は肥料分が少ないので、まず、ゼオライトをまいて、それからたい肥や化学肥料を散布し、一旦ゼオライトに吸収させ、以後、徐々に肥料分を吐き出させ、安定した肥料分の農地にする方法がとられることがあります。今回、除染としてこのゼオライトを大量に福島県内の農地に散布した背景には、このゼオライトの性質を利用して、放射性物質であるセシウムを吸収させよう、という考え方があります。このようなことで2012年の春には、福島県内の主に放射能が高い水田に、ゼオライトを大量に散布したのです。2013年の今年は、「塩化カリ」を水田や畑に散布する方法で除染が進められています。「塩化カリ」は、その化学的構造がセシウムと似ているため、これを散布する事によって、作物に塩化カリを吸収させ、セシウムを吸い込む確率を低くしようというものです。このように、セシウムを物質に吸収させたり、同じ性質のものを入れて作物がセシウムを吸収する可能性を低くする方法を総称して、放射能の「吸収抑制」と呼んでいます。
しかしながら、この方法では、農地の中に依然としてセシウムは残る事になり、本当の意味での除染にはならないのです。さらに、塩化カリについては、土壌中の有効な微生物を減少させてしまう心配もあると言われています。
私たち福島県農民の願いは、「農地からセシウム自体を取り除き、安心して農作物を生産できるようにすること」です。震災前の放射能など入っていない農地に戻したいのです。たしかに、現状では、土壌中の有機的なカリの影響や、これら吸収抑制策により、福島県の農産物からはほとんど放射能が検出されていませんが、大豆や野草、ハーブ類などについては、放射能を吸い込みやすいので、検査をすると放射能が検出されることがあります。
繰り返しますが、今の除染の方法では、土壌中の放射能自体は減りません。私たちは少しずつでも農地から放射能を減らしていきたいのです。
このような思いから、二本松農園では、2年前から、放射能を含む農地の上に、重機を使って放射能が含まれていない山砂を何メートルもかける方法を地道に行ってきました。その結果、それを行っていない農地が2500ベクレル/kg程度汚染されているのに対して、覆土した部分は130ベクレル/kgまで下げることができました。その農地で今年スタッフが、バジルを栽培しましたが、乾燥したものでも放射能はまったく検出されませんでした。
bazi.jpg

「やった」という感じです!この農地は二本松農園では「大畑」と呼んでいますが、そこに行くと、思い切って深呼吸できるような気がします。
しかし、この方法ですと、せっかく先祖伝来、優良な農地にしてきた土地に覆土してしまう訳ですから、また一から土づくりをしなければならない事になります。
もっと良い方法がないかと思っていた時に、福島県郡山市にある小さな会社㈱JMCの」佐藤社長に出会いました。JMCはもともと、工場などで原料や製品に金属片や化学物質が混入してしまった場合、依頼により、それを取り除く「異物除去」を行ってきた会社です。佐藤社長いわく「今回の原発事故は、福島県の農地にセシウムという異物が降り注いだもの。私は、その異物を取り除きたい。」ということで、その研究を一人で行っていたのです。
また佐藤社長は「現在の塩化カリや化学物質を投入する除染のやり方では、結局農地を痛めてしまう事になる。もっと農家の身になった「農家による農家のための除染」をしたい。」という話でした。私は、この社長の考え方に同感し、ぜひ、一緒にやりたいと思うようになりました。具体的に佐藤社長の除染の方法とは、農地に、ある、植物の生長にも良い影響のある「微生物」を散布します。その微生物は何らかの作用により、土からセシウムを分離する働きをします。分離したセシウムは、水田であれば水の中に浮き出てきますので、その水をスポンジ等のフィルターを通し、セシウムを除去しようというものです。2013年5月に二本松農園の小さな水田を利用してその実験を行いましたが、その時は見事!2000ベクレルあった土壌が1000ベクレルまで半減しました。
NEC_0403-2.jpg

しかし、使用するのが微生物であるため、その農地にもともとある微生物との相性?気温?気候?・・原因はまさに今、試行錯誤で研究中ですが、このように極端にセシウムの低減効果がある場合とそうでない場合があるのです。その原因を解明すれば、農地に優しい微生物によって、セシウムを徐々に取り除く事ができる、まさに「有機による除染」「農家による農家のための除染」が実現する事になります。私たち福島県農民は、一挙に放射能を取り除く事は難しいと思っていますので、少しずつでもいいのです、少しずつ少しずつ昔の農地に戻っていく、その過程と望みが欲しいのです。この方法が実現すれば、水田については毎年、代かきを行う時に、その微生物を散布して、水を入れ替えれば、放射能を徐々に減らしていけるという事になります。
しかし、この方法を行政機関に提言したとしても、現在の吸収抑制の方法が進められている中では、認められない事は目に見えています。こうなれば、自力で、この微生物を使った除染の実証実験を行っていくしかありません。しかし、この微生物は高価なものであり、また、実験には人件費等様々な費用がかかります。できれば、その微生物を自分たちで培養できる施設も欲しいと思っています。二本松農園を事務局とするNPO法人がんばろう福島、農業者等の会では、佐藤社長と連携・協力のうえ、この有機的な除染の実験を進めていくこととしました。しかしそのための資金がありません。ぜひ、このような状況をご理解いただき、有機除染募金にご協力をお願いしたいのです。
■募金の方法
① 二本松農園のネットショップ「里山ガーデンファーム」に「有機除染募金」の商品を用意しましたので、それを利用して募金をお願いします。1口千円から、クレジット決済、コンビニ決済が可能です。
http://www.nihonmatsu-farm.com/
② 銀行口座入金
次の口座にご入金いただく方法でも募金が可能です。その際は、他の入金と区別するために、
送金者欄に「ユウキジョセン」と明記願います。

【募金の振込口座】
東邦銀行二本松支店 
普通預金口座
口座番号 1164814
口座名義 特定非営利活動法人がんばろう福島、農業者等の会 理事長 齊藤登

■募金の使い道
除染に使用する微生物の購入資金、除染の実験に関する作業人夫賃、消耗品、微生物の培養施設の整備等に使用させていただきます。

なにとぞよろしくお願いします。

NPO法人がんばろう福島、農業者等の会 理事長 齊藤登
(二本松農園代表)         




スポンサーサイト

今週末「藤沢市民まつり」で福島県産農産物を販売!

■ 藤沢市民まつり2013年9月28日(土)10:00~20:00、9月29日(日)10:00~17:00
神奈川県藤沢駅前「藤沢市民まつり」会場内「二本松農園」ブース
★天候も良いようなので、下記のような、沢山のおいしい福島県産農産物
をお持ちします。ぜひご来場ください。

●「なし」 福島市「萱場(かやば)」地区は、おいしい梨がとれることで有名 昨年、テレビ朝日「旅さらだ」で放映(現地生) 石田果樹園 150円 ●「ぶどう」とにかく甘い!2房入箱(1kg)は1000円でも販売 酒井ぶどう園 600円/1房 ●「りんご(津軽)」真っ赤なホッペのみずみずしい二本松市産のリンゴ 濃くてジューシー 武藤果樹園 150円/1個 ●「桃ジュース」 大人気ストレート桃ジュース今年夏の桃を絞りました 菱沼農園 250円/1瓶 ●「ゆべし(くるみ)」 どこか懐かしい餅菓子 人気のくるみ味 ヤマサ商店  600円 ●「ゆべし(じゅうねん)」どこか懐かしい餅菓子 じゅうねんは「えごま」の意味。栄養豊なので食べると10年長生きする? ヤマサ商店 600円 ●「味みそ(じゅうねん)」 ホカホカご飯にもピッタリ えごま「じゅうねん」味 ヤマサ商店 600円 ●「生きくらげ」サッとゆでて、刺身醤油でいただくと最高!  西会津弘法 250円/1パック ●「乾燥きくらげ」お湯でもどして使います。いつでもきくらげの味を 西会津弘法 500円/1袋 ●「こづゆ」 八重のふるさと会津の伝統料理「こづゆ」 会津では、祝言「結婚式」などのめでたい席でふるまいます。 西会津弘法 600円」(2食を1パック入) ●「きくらげ混ぜごはんの素」炊き立てご飯に混ぜるだけで、風味豊かなきくらげ混ぜんごはん完成! 西会津弘法 500円/1袋 ●「きゅうりの佃煮」 今年の二本松農園のきゅうりを佃煮にしました。 新米にピッタリ! 飯館かあちゃんプロジェクト 300円/1袋 ●くんせい「爆弾大豆三兄弟」 黒豆・青豆・茶豆 ポリポリ感がたまならい!おつまみに最高! くんせいや 600円/1袋
●くんせい「タラのくんせい」 風味、とにかく豊か くんせいや 600円/1袋 ●梅干し 菊地農園 600円
●わらび水煮 菊地農園500円 ●きゃらぶき 菊地農園 400円 ●ぜんまい 菊地農園 500円 ●(他季節の野菜類)





NPO法人がんばろう福島、農業者等の会の活動状況について

★この程、NPO法人がんばろう福島、農業者等の会会員の皆様に、現在の活動状況をお知らせしましたが、その内容について、一般にも公開させていただきます。

2013年9月12日
    
      NPO法人がんばろう福島、農業者等の会 理事長 齊藤登


NPO法人がんばろう福島、農業者等の会
活動報告、及び平成25年度会費の納入について

               様

 常日頃、NPO法人がんばろう福島、農業者等の会の活動にご参加・ご協力をいただきましてありがとうございます。
 現在の、活動状況を次のとおり、会員・賛助会員の皆様にご報告申し上げますとともに、平成25年度の会費納入、及び会員拡大にご協力をいただきますようお願い申し上げます。

2013年9月6日

特定非営利活動法人がんばろう福島、農業者等の会理事長
(二本松農園代表) 齊藤登

1 現在の活動状況
(1) インターネットによる販売
会員は全国に4000名以上となり、中には300回以上もリピート利用いただく方もいらっしゃるなど、引き続き広くご利用いただき、当NPOの農産物販売の中心的存在となっております。特に、今年春からは、単品販売も始め、そのすそ野を広げております。現在、月間売上は150万円程度であり、さらに利便性を高め、売り上げを伸ばしていきたいと考えております。会員の皆様におかれましても、新商品・農産物がございましたら、なんなりと事務局までご連絡ください。

(2) セット野菜「ふくしま新ブランド」
毎月第4月曜日お届けで行っているこのセット野菜も、この8月で1年を迎えました。現在のお客様は全国に250人を数えており、毎月、新鮮・安全・おいしい福島産農産物をお届けすることはもとより、中には「福島県農業」の現状をお知らせするお手紙も同封していることから、ご好評をいただいております。
セットは10品目以上お入れしていることや、会員農家から農産物を二本松農園に集荷する必要があるため、相当の労力が必要となっていますが、がんばって、お届け個数を広げていきたいと思っております。250以上の農産物を10品目以上集める必要があるため、特に、これから冬に向かい、農産物が不足ぎみとなります。会員農家におかれましては、出したい農産物がございましたら、早めに事務局までご連絡いただければ幸いです。

(3) 全国における販売
ボランティア販売のご協力をいただき、安定的に販売いただいている箇所が増えております。
ア 神奈川県藤沢市「岩手・宮城・福島観光物産プラザ」
 藤沢市が出資し、福島県からの避難者を雇用して、藤沢駅前のビルの一角で店舗を構えております。3県の加工品を中心とした品ぞろえでしたが、今年の2月から当NPOより生鮮野菜等をお届けするようになりました。現在は、福島県産の果物や野菜、加工品を毎週1~2回定期的にお送りし販売いただいております。
このように、定期的に販売いただくことは非常にありがたいと思っております。
イ 九州福岡市「夢サークル」
今年の3月より、ボランティア団体「夢サークル」代表の吉水恵介さんを中心として、毎週、福岡市内の「天神中央公園」におきまして、月2~3回のペースで、「福幸祭」と称して、積極的な販売をいただいております。たとえば、今年の夏は、福島市産の桃を
2500個も販売いただきました。夢サークルは「なんとか福島県の農家に復興して欲しい。福島県農業の現状を福岡の人たちに伝えたい。」という一心で、大雨の中でも声をからして販売をいただいております。感謝の意を込めて、7月上旬に齊藤登が福岡まで車で訪問し、夢サークルに御礼を申し上げるとともに、福岡県庁、福岡市役所、地元マスコミ各位にご挨拶申し上げました。今後とも吉水さんと連絡を密にして、末永い交流を続けていきたいと思っております。
ウ 藤沢市「小島晴美」さん
小島さんは、震災後、ネットで300回以上のお買い上げをいただいていることをはじめとして、福島県農業と各地で活動しているボランティア団体との連携・支援、藤沢市に避難している福島県民への支援、自ら首都圏における販売等積極的な活動をいただいており、当NPOにとって「救いの女神」となっております。
福島県にも足を運んでいただき、農業者との交流や、今月はセット野菜のお手伝いまでいただく予定です。小島さんは、福島県農業復興になくてはならない方であり、当NPOの「首都圏交流販売特使」となっていただきました。今後とも小島さんとさらに連携を密にして、東日本大震災被災地相互、及び首都圏との交流・助け合いを進めていきたいと思います。
エ 首都圏各地での販売
今月は、28日(土)、29日(日)の二日間、藤沢市民まつりにおいて販売活動を行ってまいります。これは、震災以降販売ボランティアとしてご協力いただいている藤沢市在住の阿部直実さんのご紹介によるもので、今年で3年目になります。阿部さんには、(横浜市)戸塚教会、原宿教会、鎌倉等において、毎月定期的な販売もいただいております。

(4) 農地除染の実証実験とシンポジウム
現在、郡山市に本社を有する㈱JMCと共に、二本松市内において、有機的な手法で水田のセシウムを徐々に減らす実験を行っております。
これに関連し、8月28日(水)二本松市民交流センターにおいて、国の技術者である横山和成氏を招いて「今後の除染方法を科学的に展望する」シンポジウムを開催し、40名の参加を得ました。今後は、販売のみならず、このような技術的な面にも力を入れていきたいと思います。~農家による農家のための除染~


(5) 野菜を切り刻まなくて良い「放射能測定機械」の導入
現在、放射能の測定には約1リットルの野菜等を切り刻んで測定することが必要ですが、これですと少量生産の農家にとっては「放射能測定をしたら売るものがなくなってしまった。」という悲しい現実があります。そこで、このほど、切り刻まなくても野菜や果物をそのままの状態で測定し、検査後はそのまま販売等できる放射能測定機を導入しました。230万円ほどの価格ですが、ネットで募金を募ったところ、60万円ほど集まりましたので、これを頭金に8月に機器を導入いたしました。がんばろう福島、農業者等の会(二本松農園内)に設置しましたので、お気軽にご利用ください。なお、放射能検査証明もお出しすることができます。検査料は、会員の場合、1検体2000円を頂戴し、これを導入残金にあてていきたいと考えております。

(6) 県の事業で、スタッフ2名を雇用
県商工労働部の「起業支援型地域雇用創造事業」という緊急雇用事業で、7月から事務局にスタッフ2名を雇用いたしました。スタッフは、ネット販売、セット野菜の発送等の業務を行ってまいります。

このように、NPO法人がんばろう福島、農業者等の会の活動も活発化してまいりました。さらに、活動を広げるために、新鮮でおいしい農産物の積極的な提供よろしくお願いします。
2 総会資料
6月23日(日)、二本松市民交流センターにおいて「平成25年度総会」を開催いたしましたので、その際の資料(活動計画・活動計算書等)をお送りします。
すべて、原案どおりご承認いただきましたが、ご要望として「農産物加工施設が欲しい」ということが上げられましたので、現在、国や県と協議等を行っており、今年度中には、方向性を出したいと考えております。

3 会費の納入について
 以上、活動状況について、ご報告申し上げました。当NPOがさらに積極的な活動を行えるよう、会員(賛助会員)の皆様には、2013年度の会費納入をお願いいたします。
また、会員拡大にもご協力ください。

                                          
御請求書

                様

¥3,000
2013年度会費としてご請求申し上げます。
2013年9月30日(月)まで、下記口座にお振込をお願いいたします。

2013年9月6日

特定非営利活動法人がんばろう福島、農業者等の会
理事長 齊藤登
★振込先口座
東邦銀行二本松支店
普通預金口座
口座番号 1164814
口座名義 
特定非営利活動法人がんばろう福島、農業者等の会 理事長 齊藤登

とちぎTV取材

とちぎテレビさんの取材をいただきました。
震災後2年半を迎え、栃木県内にも多数の福島県民が避難していることから、福島県農業と関連して番組をつくるとのこと。取材には、この春まで福島テレビのアナウンサーで、現在とちぎテレビアナスンサーの名和田さんにいただきました。ちょっと目じりがさがっている私。
(二本松農園 齊藤登)
nawata.jpg

住宅除染の様子~二本松農園~

二本松農園の住宅部分の除染が始まりました。
作業員10名で1週間ほどかけて、家屋洗浄、家の周りの表土入れ替え、芝張、通路洗浄等を行います。
なお、除染前の放射能は、
家の玄関付近で、
地上0.5μ㏜/h、地上で1.5μ㏜/hでした。
除染が終わったらどのくらい下がるでしょうか。

zyosenn1.jpg

新米五百川の「放射能全袋検査」を受けてきました。

二本松農園では、8月21日に早くも新米「五百川」の稲刈りを行い、
それの、放射能全袋検査を受けてきました。その時の様子をご紹介します。
なお、検査結果は、すべて「検出限界以下でした。

①検査を待つ五百川
hokensa1.jpg

②検査全景
kensa2.jpg

③放射能検査部分(1袋約15秒で検査)
kensa3.jpg

④「検査中」から⇒「検査結果」の画面表示
kensa4.jpg
kensa5.jpg

■無事検査終了
DSC_0014-2_20130905103839b39.jpg

【二本松農園 齊藤登】



シンポジウム開催結果~新聞記事~

2013年8月28日、二本松市内において「有機による除染」をテーマとするシンポジウムを開催いたしましたところ、40名もの方々のご参加をいただきまして誠にありがとうございます。
開催の様子が福島民報新聞でも紹介されました。
内容的にご好評だったため、次は第2部として10月か11月に開催したいと思います。
【特定非営利活動法人がんばろう福島、農業者等の会 理事長 齊藤登】
sinbun1.jpg
プロフィール

NPOがんばろう福島農業者等の会

Author:NPOがんばろう福島農業者等の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR