FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津 身しらず柿

10月26日、会津「身しらず柿」の収穫の様子を見に、会津坂下町(あいづばんげまち)のある農家を訪ねました。
稲刈りの終わった会津盆地、向こうには会津磐梯山が見えます。
ag6.jpg

今回、会津「身しらず柿」を出荷したいという農家は、農業生産法人「㈱あぐりあいづ」。
もともと、会津坂下町で農業を営んでいましたが、柿、お米、桃(出荷はあと・・・3年後くらい)などで規模拡大し、本格的に農業に取り組みます。

訪ねると、会津盆地を見渡せる畑で、十数本の柿の木から、身しらず柿を収穫している最中でした。
ag7.jpg
ag8.jpg

「身しらず柿を初めて聞く」という方もいらっしゃるかと思いますが、「あまりにもおいしいので、体の調子を考えないぐらい食べてしまうので、身しらず」と言われている、とか。
とにかく、福島、特に会津地方の晩秋の味として有名なのです。

収穫した柿は、箱詰めにして、焼酎で「渋抜き」を行います。蓋をして、甘くなるのは、11月10日頃とのこと。あぐりあいづでは、渋抜きに、焼酎+ある隠し味・・・実は、「ブランデー」なのですが、も少々使っていました。ご主人は、渋抜きをする時に、ついつい、焼酎+ブランデーもおいしいので飲んでしまう・・とか(笑)
とにかく、明るくて夫婦仲の良い農家でした。きっと、これならできてくる見しらず柿も、「甘~い」ことでしょう。
ag3.jpg

この「あぐりあいづ」産の「身しらず柿」を、里山ガーデンファームのウェブショップでもまもなく販売予定です。ご期待ください。
ag5.jpg

3kg箱で10~12玉程度入・・・・渋抜き済なので、到着後すぐに食べられます。【11月10日前後から発送】・・・お値段はネットショップで発表。
5kg箱で20~26玉程度入・・・箱に入れた状態で渋抜きを行い、11月10日頃に開封し、召し上がっていただく。【11月上旬から発送開始】・・・お値段はネットショップで発表
✭今回、3kg5kgとも数量限定で、各30箱程度の販売となります。
ネットショップにup前でも、二本松農園 齊藤登のメール s@farm-n.jp でお問い合わせや、仮ご予約等を承ります。
✭今回、身しらず柿の他に、あぐりあいづ産の「あんぽ柿」も取扱い予定です。

農業生産法人 ㈱二本松農園 代表 齊藤登
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPOがんばろう福島農業者等の会

Author:NPOがんばろう福島農業者等の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。