FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京四谷で「福島の現状」をお話ししてきました。

全国各地で、お呼びがあればおじゃまして、福島県の特に農業の現状についてお話しさせていただいています。
昨日11月14日は、東京 四ツ谷駅近くにある主婦会館プラザでお話しさせていただきました。会場には、日本生活協同組合連合会の皆様、福島の野菜を食べる会の皆様などにお越しいただきました。福島の野菜を食べる会の皆様とは、震災直後の2011年12月、青山マルシェでお会いして以来の方も多く、とてもなつかしい思いがしました。
その頃、私は、風評被害で苦しむ、仲間の野菜や果物を積んで、ワゴン車を使って、東京や神奈川の各地で直販を行っていました。「なんとか、安全が確認され、おいしい福島の農産物をお届けしたい。」との一念でした。あれから4年近く、今回の講演会でもお話ししましたが、根本的な状況は残念ながら「変わっていない」気がします。たしかに、福島の野菜を食べる会の皆様のように、福島県の農家に寄り添い、継続してご利用いただいているたくさんの皆様との出会いがあり、なんとかやってきましたが・・・福島から主に首都圏に向かう大きな流通が復活しなければ、根本的な解決にはならないのです。この点、首都圏のほとんどのお米屋さんの店頭では、今でも福島県産の米がなかなか見当たらない、スーパーやデパ地下などでも、なかなか、福島県産農産物は、震災前のように一般的に目にされる、というまでにはなっていないように見受けられます。
私たち福島県の農家は、「放射能対策を行えば、風評被害はなくなる」と信じ、この4年間、対策を行ってきました。たとえば、今年の福島県産の米は、10月13日現在、30kgの袋で873万袋あり、それを「すべて」放射能検査を行い、基準の100ベクレルを超えたものは「ゼロ!!」なのですが・・・・それでも、お米の流通はなかなか復活しません。「これ以上、何をやったらいいんだ・・・。」とある種の絶望感が福島県農家には出てきています。また、スーパーの店頭に、もし、埼玉産・宮崎産・福島産のきゅうりが同じ価格で売っていたとします。さあ、あなたは、どれを買いますか?「福島のきゅうりも放射能が出ない事は分かっているが・・・なんとかなく・・・福島県産以外のものを選んでしまう・・・。」そんな「なんとなく症候群」が消費者にはないでしょうか?もし、これがあるとすれば、それに対する対策は難しく、福島県産農産物をご利用いただけない状況は、今後も長く続く、という事になってしまいます。いわゆる逆ブランドイメージの定着ですね。さらに、たとえば、福島の桃を例にとれば、ありがたいことに、全国の皆様の応援買い等をいただき、随分、量的には売れるようになってきていますが、果樹農家の場合の根本的な問題は「震災で、それまでの固定客を失い、そのお客さまは復活していない。」という点にあります。贈答用の固定客をいかに確保するか、ということが生命線なのですが、それを失った状態が続いており、従って将来に向かっても生産は安定しない、ということになります。
なので、私たち福島県農家の行動は、「福島県農家と全国の消費者が直接結びつく、いわゆる直販をできるだけ進めていく。」という事になります。
NPOがんばろう福島、農業者等の会の会員農家は、現在、福島県の浜通り、中通り、会津のすべての地域で50を超えました。野菜農家はもちろん、果樹農家、最近は、漁業関連業者までも参加し、二本松農園のネットショップを中心として、全国への直販活動を行っています。このように、福島県の農家が協力し、全国の「福島の農家とつながりたい」と思っている方々と、ひとつひとつ交流・連携しています。
やはり、このやり方ですね。今回の講演で会場の皆様とお話ししていて、改めてその思いを新たにしました。
「顔の見える関係に風評被害はなし。」の言葉を胸に、今後も全国の皆様とつながっていきたいと思います。

講演会の後に、下北沢の「ふくしまオルガン堂」で打ち上げを行いました。
その時、福島の野菜を食べる会のAさんから、絵はがきをいただきました。
福島産のさくらんぼとラフランスを描いてくださったものです。

2015年11月15日
NPO法人がんばろう福島、農業者等の会(農業生産法人 二本松農園) 代表 齊藤登

asa01.jpg

asa02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPOがんばろう福島農業者等の会

Author:NPOがんばろう福島農業者等の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。