スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタディファーム「ふくしまの農家と温泉を訪ねる旅」企画しました!(今年の家族旅行・企業CSR社員研修旅行として最適)

震災から5年、全国の皆様の応援により、福島の農業や観光も少しずつ復興していますが、
いわゆる「風評被害」は完全に抜け切れた訳ではありません。
今まで、福島県農業者によるネットショップ「里山ガーデンファーム」や、セット野菜「ふくしま新ブランド」などで、
福島県産農産物のご利用をいただいてきましたが、今年は、全国の皆様に、
「ぜひ、福島県を訪問」していただき、福島県の農家と交流していただきたいと思っています。
そこで、「ふくしまの農家と温泉を訪ねる旅」を企画してみました。
福島県農業者による、NPO法人がんばろう福島、農業者等の会が窓口となり、
お客様のご要望により、オーダーメードで旅の企画や手配、ご案内をさせていただきます。
(必要により、福島の地元旅行会社とも提携)
ご家族旅行はもとより、企業CSR社員研修旅行としてもご利用いただけます。
詳しくは、NPO事務局までお問い合わせください。

スタディファーム ふくしまの農家と温泉を訪ねる旅 モデルコース
★これらをお好みにより、変更・カスタマイズできます!
(1日目)
○新幹線で「郡山駅」までおいでいただきます。⇒郡山駅でバスがお出迎え
➀農業生産法人二本松農園視察・農業体験 ⇒農業現場における放射能対策・風評被害対策の現状を視察いただけます。また、季節により、きょうりなどの野菜や水田で農業体験もできます!
スタディファームの詳しい内容はこちら  http://www.farm-n.jp/study/
②川俣町「山木屋地区」で昼食 ⇒震災で避難区域だった山木屋地区を見学(除染の状況)、復興のために取り組んでいる納豆工場を見学、工場2階の食堂で地産地消の昼食
③季節により、福島市周辺の果樹園で果物狩り ⇒さくらんぼ狩、もも狩、梨狩、ぶどう狩、りんご狩など
④土湯・飯坂・岳などの温泉に宿泊 ⇒福島県産の農産物などを使った夕食
(2日目)
➄土湯温泉バイナリー発電を見学 ⇒温泉を使った発電
⑥福島市「大黒屋豆腐店」でおみやげをお買い物 ⇒こだわりの豆腐類や福島の農産物が買えます。○「福島駅」から新幹線でお帰り

お問い合わせ
NPO法人がんばろう福島、農業者等の会(農業生産法人二本松農園)
電話0243-24-1001    担当窓口直通携帯090-4315-6547 齊藤
FAX0243-24-1536 E-mail s@farm-n.jp

sft1.jpg

sft3.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPOがんばろう福島農業者等の会

Author:NPOがんばろう福島農業者等の会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。